ぼんログ

多趣味ですが、Apple、Amazon、VAPE、ユニクロ、登山ネタあたりを中心に、つらつらと。

fireHD 10(2017ver.)はすごく魅力的だけど読書使いとしては縦横比がネック。

まだiPhone8(Plus)、iPhoneX発表の余波が残っているところですが、fireHD10の2017年版モデルが発表されました。

 

japanese.engadget.com

 

www.itmedia.co.jp

 

10.1型のタブレットがプライム会員だと15,000円以下で購入できるという超破格プライスです。

 

以前のfireHD10は、

「動作がもたつく」

「画面が大きいわりに解像度が低い」

「縦長すぎて雑誌やコミックを見るときの大きさがfireHD8とあまり変わらない」

等々、批判的なレビューも多く評価もイマイチでした。

 

しかし、今回は、

・画面の高解像度化

・CPU、RAMの強化による高速化

・音質面の強化

・バッテリー駆動時間が8時間→10時間へ

等、着実に弱点を補強してきていると思います。

 

ただ、まだ気になるところがあります。

それが画面の縦横比

最近のスマホがそうなんですが、画面が細長すぎて余白ができてしまいます。

Kindle Unlimitedで読み放題雑誌を読み漁っている自分としては、少しでも大きく表示された方が字を読みやすいです。

Amazonの画像を見る限りでは、前モデルと比べて縦横比はあまり変わってなさそうにみえます。

 

fireHD8でもそれなりに満足しているんですが、雑誌を見るときは少し文字が小さすぎるんですよねえ。

毎回ズームとかせずに読めると、とても助かります。

iPad(mini)の縦横比が最高なんですが、2.5倍近い価格差はさすがに財布にこたえます…。

うーん…

予約するかどうか、もうしばらく悩みたいと思います。

 

Fire HD 10 タブレット (Newモデル) 64GB、ブラック

Fire HD 10 タブレット (Newモデル) 64GB、ブラック

 

 

【整髪料話】ジェルとワックスを混ぜればジェルワックスっぽく使えるとか絶対ウソ。

f:id:akuringo:20170914072347j:plain

 

見事に適当ネタ記事に釣られた…?

 

つい最近まで、髪はジェルでセットしていたんですが、先日かなり短く切ったもんで、ジェルを使うには髪の長さが足りなくなってしまいました。

※ジェルって髪同士をひっつかせてカッチリ感ができる(と私は勝手に思っている)ので、短すぎると髪同士がひっつきにくい気がします。

 

ジェルワックスというジェルとワックスの両方の長所を融合させた商品もあるんですが、それが結構お高くて、かといって少し前に買った安いやつはイマイチな使い心地で、さあどうしようかと悩んでました。

ちなみに、美容室でも使われている優秀なジェルワックスはこちらです。

ゴールドウェル スタイルサイン ボリューム ラグーンジャム

ワックスと同様に短い髪でも流れをきちっと作ってくれる+ジェルのようにガッチリ1日キープしてくれます。

が!1つで1,500円前後するなかなかお高い商品です…。

毎日使うにはちょっと高い気がします。

 

「これから何を使ってセットしようかなあ…」

と思いながらネットで情報を探していたところ、

「ジェルとハードすぎないワックスをよく混ぜて使えば、良い感じになるよ!」

という記事をいくつか見かけました。

※記事ディスになりかねないので、リンクは貼らないでおきます…。

 

ジェルに混ぜやすいワックスとして紹介されていたワックスも丁度持っていたので、

「これならコストも控えめに良い感じでセットできるかも!」

と思って、早速やってみました。 

f:id:akuringo:20170915124256j:plain

記事に紹介されていたとおり、先にワックスを手にとり、その後ジェルを手にとって、ワックスの方を多めにして、手のひらでよく混ぜこみます。

で、いざセット!

 

ワックスの伸びが悪くなってる…。

 

ジェルは基本的に透明が多いですが、ワックスは白だったり黄緑だったり、大抵の商品には色がついています。

ワックスだけで使うと、すぐに髪全体にワックスが馴染んでその色は消えてしまうんですが、ジェルを混ぜるとワックスの色がなかなか消えてくれません。

時間をかけて髪にもみこんで、ワックスの色は消えましたが、もみこむもんだからボサッとした感じになります。

美容室でジェルワックスを使いセットしてもらったときと比べると、雲泥の差です。

 

うーん…。

ジェルもワックスもそれなりに高評価のモノを使っているし、それぞれ単体ではセット力もあるんですけどねえ…。

「ジェルとワックスを混ぜれば〜」記事を書いた方々は、本当にそれやってみたのかなあ…。

ちょっと信じられない…。

自分が下手なだけなのかなあ。

それともジェルとワックスの組み合わせが悪いのか?

かといっていくつもジェルとワックス買ってたら節約になんなくて本末転倒です。

 

というわけで、いさぎよく諦めて先ほど紹介したお高めジェルワックスを買い直します、はい。

毎日使うものなので節約したいところではあったけど、毎日ストレスためながら使うのもつらいですしね。涙

まとめ買いして少しでも安くなるように工夫してみたいと思います。

子どもを何歳から登山に連れて行こう

f:id:akuringo:20170911073131j:plain

 

子どもが生まれる少し前から、登山をする回数がすっかり減っていますが、今月久々に登山へ行く予定にしています。

もちろん、まだ生後1ヶ月も経っていない子どもは登山には連れて行けませんが、

「どのくらいまで成長したら登山に連れて行ってOKなんだろ?」

と、ふと思いました。

自分のまわりには子ども連れで登山している人がいません。

登山中にすれ違った登山者の中には、まだ幼いと思われるような子どもを背負って登山している人もいますが、さすがに記憶が曖昧…。

 

とかなんとか思っていたら、大好きなミュージシャンが小さな子どもをリュックに乗せて登山する姿をInstagramに投稿していました。

その写真で使用されていたリュックが、なんとも興味深いものだったんで、ちょっと記事にしてみました。

リュックと、子どもを背負う道具が合体しているような、なんともいえないすごそうなやつ。

今まで登山中にすれ違う子連れさんをゆっくり見ていなかったけど、こういうのがあるんだと知りました。

Amazonで調べたところ、ありました。

 

[モンベル] mont-bell ベビーキャリア

[モンベル] mont-bell ベビーキャリア 1123859 GY (GY)

[モンベル] mont-bell ベビーキャリア 1123859 GY (GY)

 

 

「ベビーキャリア」と呼ばれているみたいです。

上半分は子どもを背負える構造になっていて、クッションも沢山ついているように見えます。

毎年少しずつ改良されているみたいで、安全性もそれなりに高そうです。

これはとても便利そう、ほしい。

他社からもベビーキャリアが販売されているようですが、モンベルが頭ひとつ安いですね。

ベビーキャリアは子どもが成長すると使えなくなるし、安い方が助かります。

モンベルはリーズナブルだけど、作りはしっかりしていますしね。

Amazonの商品ページには「生後9ヶ月から使用可能」と書かれていますので、そのくらいからは登山できるみたいです。

まあ、9ヶ月ってのは少々中途半端なので、「1歳くらいから」は登山に連れてってみたいなあ、という目標が設定できました。

まだ先のことにはなるので、とりあえずは「ほしい物リスト」に入れておきました。笑

気付いてみるとPCインナーケースやバッグインバッグが沢山あった。

f:id:akuringo:20170903145556j:plain

PCやタブレットを購入するたびにインナーケースを買ったり、最近バッグインバッグにハマったりしていたら、似たようなインナーケースやバッグインバッグが沢山ありました。

インナーケースってサイズがPCとジャストフィットしないと気になるので、どうしても増えてしまいます。

ちなみに、左下のモノは、今はなきiPad Air2で使用していたケースなので、今回みつけたのを機会に処分することにしました。

今のところタブレットはFire HD 8で十分だし、iPadシリーズはしばらく必要なさそうです。

 

メインのバッグインバッグは「TOGAKURE」

普段は写真右上のバッグインバッグ「TOGAKURE」にMacBook AirやA4サイズのカードケース、ピルケース、モバイルバッテリー等々を入れて持ち歩いています。 

f:id:akuringo:20170903173117j:plain

マークス バッグインバッグ TOGAKURE Lサイズ

マークス バッグインバッグ TOGAKURE L イエロー TGK-PO4-LYE

マークス バッグインバッグ TOGAKURE L イエロー TGK-PO4-LYE

 

TOGAKURE自体にはクッション性が少ないので、MacBook Airは右下のスリーブケースに入れて収納しています。

f:id:akuringo:20170903173201j:plain

TOGAKUREは素材感はとても好きなんですけどねえ…。

裏側がA4サイズの紙とかクリアファイルをひっかけて保管する仕様っていうのがモッタイナイ。

裏側がきちんとした収納スペースだったら、通帳とかも収納できたのに。

お高いわりに、このあたりの作りは安っぽい。

というか、

「収納部分はやっぱりファスナータイプが良いな…」

と思っちゃいます。

バッグインバッグって蓋なしの「そのまま突っ込むタイプ」が結構多いんですが、3WAYバッグで使うとリュックとして縦向きに背負ったり、ブリーフケースとして横向きに持ったりするんで、中の小物がこぼれ落ちていないか心配になります。

TOGAKUREはゴムで蓋をするような独特なシステムなので面白みはありますが、ゴムが伸びきっちゃうと使えなくなる気がします。

と、散々文句を書きましたが、なんだかんだ愛用しています。笑

バッグインバッグはもうひとつ小さめのA6サイズを持っているんですが、そちらは現在奥さんが使用しています。

リヒトラブ スタンドポケット(タテ型) A6

こちらは縦型トートやリュック専用です。

 

控えメンバーたち 

写真中央上部の「ZERO SHOCK」は耐衝撃性、クッション性は抜群ですが、厚みがあるぶんバッグ内で若干かさばります。

f:id:akuringo:20170903173638j:plain

バッグ内の荷物が少ないときはこれを使ったりしてます。

ZERO SHOCKはスマホやPCケースの耐衝撃モノでおなじみなので、知っている人も多そうな気がします。

写真左側はamazon basicのPCソフトケースです。

f:id:akuringo:20170903173743j:plain

こちらはMacBook Airのケースと違ってファスナーがあるタイプ。

amazonbasicのこのデザイン、シンプルで結構好きです。

バッグインバッグにも収納できる薄さで、これだけでも持ち歩きしやすいデザインで、クッション性も最低限あるし、それでいて安くて、とても優秀。

最後に残った中央下側のケースは最近頂いたサンプル商品です。

f:id:akuringo:20170903174400j:plain

見た感じは良いけど、小ポケットたちにマチが無いのでモノがあまり入らないです。

モノを入れると膨らんで結局見た目は悪くなるんで、それなら最初からマチがあった方が嬉しいですね。

それと収納部分が2ヶ所マジックテープですが、ファスナーの方が個人的に好きですね(2回目)。

軽いわりに厚みがあってクッション性はそれなりに高いと思います。

現時点で価格が2,000円なので、定価だとコスパが微妙ですが、割引されて1,500円以下とかになっていれば購入してもよい商品だと思います。

 

まとまりがない感じになりましたが、バッグインバッグや小さめのケース、やっぱり好きです。

電車の中って何をしていますか?

f:id:akuringo:20170903141230j:plain

私は電車通勤をしており、電車の中に片道1時間20分程います。

始発駅に近い駅なので、ありがたいことに毎回必ず座ることができています。

座っている間は、基本的にはPCでブログを書いたり、研修のレポートなんかを作ったりしてますが、しばしば集中力が足りないこともあったり。汗

そんなときは、まわりをキョロキョロ見たり、人間観察なんかしています。

スマホをいじっている人が1番多いですが、座って数分で睡眠体勢に入っている人、読書をしている人、学生だと何かの参考書やプリントを見たりしている人もいたりします。

 

電車に乗っている時間って、遠い人だとなにげに凄い時間ですよね。

私の場合は往復で毎日2時間半、週5日勤務で考えると毎週10時間以上もあります。

毎週10時間もあると、かなりいろんなことができます。

電車内って(私だけかもしれませんが)なかなか集中力を維持することができなくて苦労もしますが、その時間は大事に活用したいものです。

(自宅で怒涛のように頑張って電車内で休息をとるのも一つの活用手段なので、寝てる人を否定してるわけじゃないですよ!w)

 

奥さんと赤ちゃんが1ヶ月ほど経つと我が家に帰ってきます。

そうなると尚更、プライベートなことは電車内の時間を有効に活用して済ませたいなーと思います。