読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんログ

多趣味ですが、Apple、Amazon、VAPE、ユニクロ、登山ネタあたりを中心に、つらつらと。

【山ギア話】ハイキング、低山登山、電車&バス登山に最適!2017年気になるロー&ミドルカット登山靴。

先日、職場関連の登山サークルで登山してきたんですが、集合場所が自宅から電車を乗り換えながら2時間以上かかる駅で、駅まで移動するだけでとても疲れてしまいました。

今使用している登山靴は、「近所の低山から2,000m前後の山にも使用できますよ!」と店員さんに勧められて購入したモンベルのハイカット登山靴「ツオロミーブーツ」です。

f:id:akuringo:20170410222306j:plain

ソールは滑りづらく、足首の保護も十分で、使用感は悪くないのですが、リーズナブル価格といえどそれなりに頑丈なハイカット登山靴なので、結構重いし、舗装路は結構歩きにくいものです。

「電車やバスを使って山に向かうときや、ちょっと低山に行くときなんかで、気軽に使えそうなローカット登山靴(ハイキングシューズ)とか、ないのかなあ…」

と思ってネットや登山雑誌で探してみたんですが、最近はトレイルラン、ウルトラライト、ファストパッキング等が流行している影響もあってか、軽量化されたミドルカット、ローカットの登山靴が少しずつ増えてきているようです。

それらの情報を目にした途端、

「買いたい!けど、買う前に、ぜひ試し履きしてみたい!比較してみたい!」

という衝動に駆られたのですが、職場からすぐに行けた全国チェーンの登山用品店2つには見当たらず…。

これからのジャンルなのかなあ…と諦めかけていたところ、なんと某大型ショッピングモールの中にある「スポーツデポ」に、気になるものがほぼ全て揃っていました!

今まで「総合スポーツ店=薄く広い品揃えで何も満足できない」と思っていましたが、大穴もあるもんです、すいません。

全てはご紹介できませんが、特に気になった2017年新作ローカット&ミドルカット登山(ハイキング)シューズをご紹介したいと思います。

※試し履きしただけで実際に登ったわけではないので、あくまで個人的な感想として読んでいただけると幸いです。

※さすがに店内でバシバシ写真撮る勇気はありませんでしたw

 

①ノースフェイス「エンデュラスハイク(MID) GORE-TEX

ノースフェイス(ゴールドウィン)公式サイトページ

http://goldwinwebstore.jp/ec/pro/disp/2/NF01722

http://goldwinwebstore.jp/ec/pro/disp/2/NF01721/BH/10/

タウンウェア(ギア)としても大人気のノースフェイス新発売商品は、十分なクッション性がありながらもブレを低減させる「XTRAFOAM」を搭載したハイキングシューズです。

アッパーはゴアテックスを使用しており防水性は文句なく、アウトソールはビブラム社トレッキングソールで安心感もあります。

長時間縦走するのにはとても良さそう。

店内ブースで登り下りしてみましたが、グリップ感は抜群ですね。

「メガグリップ」ソールではないので若干心配してましたが、概ね問題ないようです。

クッション性も良くて履き心地もなかなか。

左右のブツブツみたいな謎の模様は好き嫌い分かれるかも…?

 

②メレル「モアブFSTゴアテックス

続いては、メレルの人気シリーズ「モアブ」の新作です。

こちらは、通常のトレッキングソールより更にグリップ力が強化された、ビブラム社「メガグリップ」を搭載しています。

店内ブースで登り下りしてみましたが、グリップ力は本当に強烈です。

いくつか試着しましたが、グリップ力は間違いなくこれが1番でした。

これなら濡れた岩場とかでも安心して使用できそう。

ゴアテックスが採用されており、防水性も文句なしだと思います。

ただ、アウトソールが白色のカラーが多いので、泥汚れが目立ちそうですねえ。

街中でも着用できるように、あえて白色にしてるのかもしれませんが、山用として考えると白色は汚れ目立ちが気になります。

それと3Dプリントで補強しているもののメッシュアッパー部分が多いので、耐久性がちょっと気になります。

 

③サロモン「XA PRO 3D GTX」

サロモン公式サイトページ

http://www.salomon.com/jp/product/xa-pro-3d-gtx-1.html?article=393322

最後に、サロモン社のロングセラー商品「XA PRO 3D GTX」です。

Amazonでは新モデルも旧モデルも同じ名前、同じページで販売されており分かりにくいですが、公式サイトを参考に型番、カラー等で新旧を確認することができます。

先の2つ同様に、こちらもゴアテックスが採用されており、防水性は文句なしだと思います。

※こちらはゴアテックス無しの商品もあり、そちらは少し安価です。

アウトソールはサロモン独自の「コンタグリップ」が使用されています。

独自ソールと聞いて少々心配していましたが、店内ブースで登り下りしてみたところ、ビブラムと大差ないように感じました。

さすがにメガグリップにはグリップ力が少々劣るように思えましたが。

同名の新旧モデル両方お店にあったので、履き比べしてみました。

私の記憶が確かなら新旧どちらもコンタグリップだったと思いますが、ほんの少しだけ新モデルの方がガッチリ地面に噛んでいる感じがしました。

それと、ソールパターンがほんの少しだけ変更されているように見えました。

どこかのサイトで「新モデルはグリップ素材の配合を変更してグリップ力を向上させた」という記事を見たような気がしますが、ちょっと記憶が曖昧です。

「3Dアドバンスドシャーシ」により、通常の登山靴よりクッション性を持ちながら岩場、ガレ場もガシガシと歩くことができる仕組み、とのこと。

固めのアッパーが左右を波型で覆って補強されており、プロテクションもそれなりにありそうです。

最後に他2つとの大きな違いで、こちらは「クイックレース」という簡単に靴紐を調整できる仕組みを取り入れています。

「すぐに緩んだりしないのかな?」と思いましたが、Amazonレビューを見る限りでは大丈夫のようです。

私はめんどくさがりな性格なので、これが結構ツボにハマり、最終的にはこちらの新モデルを購入しました(詳細なレビューはまた後日…)。

 

まとめ

3種を実際に見比べ、履き比べてみた結果、

・デザインはノースフェイス「エンデュラスハイク」

・グリップ力はメレル「モアブFST」

・プロテクション、利便性はサロモン「XA PRO 3D」

という印象を受けました。

 

気になられたモノがありましたら、ぜひ実物を試してみてください。