読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんログ

多趣味ですが、Apple、Amazon、VAPE、ユニクロ、登山ネタあたりを中心に、つらつらと。

【登山話】大分県竹田市「中岳(くじゅう連山)」

f:id:akuringo:20161205072203j:plain

11月末の話になるんですが、念願の九州本土最高峰、くじゅう連山の「中岳」に行ってきました。

今回は初めて職場仲間と登山。

登山仲間が増えると登れる機会が増えて嬉しい限りです:-)

泊りがけの遠征になるので天気がかなり気になってたんですが、日が近づくにつれて天気予報も徐々に良くなり、当日は雨も降らず無事に登れました。

数日前までは雨や風があるかもって予報で「中止する?」て意見もあったんですが、とりあえず行ってみて良かったです。

f:id:akuringo:20161205072815j:plain

スタートは牧の戸登山口から。

最も短時間で登れる登山口なので駐車場が満車になるくらい人気がある登山口なんですが、前日まで天気予報が微妙だったせいもあり、9時前に到着しても駐車場が空いてました。

よかったー。

到着してすぐは晴れ空。

f:id:akuringo:20161205073501j:plain

本当は久住山も星生山も登りたかったんですが、到着が遅くなったので中岳のみを目指すことにしました。

牧の戸峠から1番近いのは星生山で、久住山が中岳よりほんの少しだけ近い、のかな?

登山開始時は雲がほとんどなかったんですが、徐々に雲が現れてきました。

f:id:akuringo:20161205074111j:plain

福岡の山とは景色が全然違っていて、何もかも新鮮です。

岩に塗られた印を頼りに歩いて行く場所が多々あります。

下山時、写真左側に映っている小屋でお昼ごはんを食べました。

f:id:akuringo:20161205074307j:plain

そしていよいよ、久住分れ。

ここまでくると、いよいよ後半戦。

久住山と中岳の分岐を中岳方向へと向かいます。

f:id:akuringo:20161205074454j:plain

中岳で向かう途中には池があります。

ここで休憩している人が結構いました。

少しずつ雲が増えて、風も徐々に強くなってきました。

f:id:akuringo:20161205074723j:plain

そして、登りだして2時間40分ほど、中岳に登頂しました。

写真だとすっかり曇っちゃってますが、登頂したときは雲がちょうど少なくなっていて、360度の絶景を見渡すことができました。

今までの最高峰が英彦山の1,199mだったんですが、景色が全然違います。

本当に気持ちよかったです。

今度は久住山も星生山も登りたいですね。

となると後泊じゃなくて前泊かな…?

 

そして、今回もYAMAPアプリで記録しました。

登山ルートはこちら。

f:id:akuringo:20161205075721p:plain

中岳近くの池沿いを歩くときだけ少しルートを変えましたが、他はほぼ同じルートで往復しました。

スタート:9:30くらい

ゴール:15:10くらい

活動時間:約5時間40分(登り2時間40分→下山途中で40分くらい休憩→下り2時間20分)

活動距離:約9.8km

ゴール地点の標高:1,791m

スタート地点との標高差:466m

 

初おろしウェアを最後にご紹介。

今回はノースフェイスのアルタイジャケットを初おろし。

私は黒のMサイズを購入しました。

ちなみに、たまたま立ち寄った好日山荘でノースフェイス20%割引セールというとんでもないセールをしていて、ソフトシェルの行動着が欲しかった私はとびつく勢いで購入しました。笑

半袖メッシュ、長袖WARMインナー、アルタイジャケットを着用し、休憩時間はクライムベリーライトジャケットを着用していたんですが、アルタイジャケットは寒い時期の行動着として最適です。

10℃前後だと動くと少し暑いくらいなので、5℃前後とかでちょうどよさそう。

生地はそこまで厚くないのに保温力があり、なおかつとても動きやすいです。

これも今度プチレビューしたいと思います。