読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんログ

多趣味ですが、Apple、Amazon、VAPE、ユニクロ、登山ネタあたりを中心に、つらつらと。

JTの新作電子たばこ「Ploom TECH」をiQOS経験者のVAPEユーザーがレビューしてみた。

VAPE(その他)

f:id:akuringo:20160303214851j:plain

とあるきかっけで購入しました。

福岡市内とネットでのみ先行発売されているJTの新作電子たばこ「Ploom TECH」です。

実は以前、フィリップモリス社が発売した電子?たばこ「iQOS」を発売日当日に購入したことがあるんですが、全然合わずに3日で手放した過去があります。

こちらは日本のJTが発売ということで、どんなもんか期待。

ここからは写真を多めにしてご紹介。

f:id:akuringo:20160303222027j:plain

箱を開けるとこんな感じです。

右側から、バッテリーを充電する「USBチャージャー」、吸うのに必要不可欠な「バッテリー」、USBチャージャーを差し込んでコンセント充電するための「ACアダプター」、そして携帯用ケース、です。

上のやつは説明書。

f:id:akuringo:20160303215943j:plain

続いて消耗品をご紹介。

本体を購入した後はこちらをどんどん買って吸っていくわけです。

ちなみに味は現在3種類あるみたいで、普通のたばこ、メンソール(写真の)、ブルーベリーみたいなメンソールがあります。

たばこ葉を使った商品なので、たばこに必ず掲載されている注意書きがこれにも掲載されています。

f:id:akuringo:20160303220208j:plain

お菓子みたいに横から開けるしくみです。

こんなところにも注意書きが。

日本ってこういう注意書きが

「コレデモカ!」

てくらいにとことん書かれていますよね。

f:id:akuringo:20160303220742j:plain

箱を開けました。

上の緑色のやつが「たばこカプセル」、下のバッテリーとよく似たデザインのやつが「カートリッジ」です。

仕組みの詳細をお伝えする前に、とりあえず組み立てます。

f:id:akuringo:20160303223013j:plain

最初に紹介したバッテリーをこんな感じで充電して、

(ちなみにコンセントにさすとUSBチャージャーのロゴが光って、その色で充電完了をお知らせします)

f:id:akuringo:20160303223202j:plain

カートリッジ(左)とバッテリー(右)を合体させます。

つながる仕組みはVAPEのアトマイザーとMODと似た感じですね。

ネジ穴みたいになっていて、回して差し込みます。

f:id:akuringo:20160303223336j:plain

つなげたらこんな感じになります。

f:id:akuringo:20160303223406j:plain

カートリッジの逆側がこんな感じで穴が空いているので、

f:id:akuringo:20160303223446j:plain

こちらにたばこカプセルを差し込みます。

(写真のさしこんでるやつはブルーベリーみたいなメンソール)

f:id:akuringo:20160303223542j:plain

写真はバッテリーの先側なんですが、差し込んだたばこカプセルから普通のたばこみたいに息を吸うと…

f:id:akuringo:20160303223720j:plain

自動で電源が入って、青く光ります。

これすごいですよね、どういう仕組みなんだろ。

で、肝心のたばこの仕組みなんですが、

カートリッジの中に入ってる液体が蒸気化されて、その蒸気がたばこカプセルの中を通って、たばこの風味を口の中へ運ぶ、という仕組みみたいです。

たばこカプセル1つで50パフ(50吸引?)使えるようになっています。

f:id:akuringo:20160303224436j:plain

それが5つ入って1箱なので、たばこカプセル1つでリアルたばこ4本分ってことですかね。

ちなみにケースの中身は、

f:id:akuringo:20160303224230j:plain

こんな感じなんですが、

f:id:akuringo:20160303224251j:plain

カートリッジとバッテリーを繋げた状態のままで収納できます。

なので、すぐ取り出して吸うことができます。

それと、予備のたばこカプセルを収納できます。

こういうこまかいところまで気が利いているのは日本っぽいですよね。

私の説明で分からなかった方は、以下の説明をお読みください(投げやり)。

f:id:akuringo:20160303224554j:plain

で、肝心の評価!

よかったところ

吸いやすいスマートな風味。iQOSのようなアメリカたばこ独特の強烈なパンチとか全然なくて、丸みを帯びた万人ウケしそうな吸い心地。だけどたばこ吸ってる感じはしっかりする。不思議。個人的にはブルーベリーみたいなメンソールのやつ最高。

水蒸気は少なめで、たばこ独特の匂いもほとんどしない。これだと室内で換気せずに吸っても全く問題なさそう。VAPEはタバコの匂いはしないけど独特の甘い匂いするやつ多いから、その点はこちらの方が有利かも。

・iQOSと比べてとてもメリットに感じる点は、たばこカプセル使っている途中でも中断することができるところ。iQOSは1回たばこ葉を差し込むと、途中でやめることができないし、1回吸い終わる度にごみが発生するんですよね。だけど、これは1つのたばこカプセルで4本分吸えるし、途中でもやめることができるから、毎回ごみが発生しない。これって何気にとても便利。

・iQOSはバッテリーの充電がすぐに切れるから、1本吸い終わったら一旦バッテリーケースに収納して充電させる必要があるんだけど、PloomTECHは結構電池がもつからそんな心配がいらない。

総評

これは案外イケますね。

勿論メインは今後もVAPEですが、狭くてあんまりモクモクさせれない場所とか、そんなところではPloomとても役立ちそう。

VAPEに手を出して沼まっしぐらな人がこれに乗り換える必要は無いと思いますが、現在たばこを吸っていてたばこの匂いが気になるけどやめれない人とか、ハイテクなやつに興味がある人とかにはオススメできます。

特に国内たばこ吸っている人とかさっぱり系たばこ吸っている方には合いそう。

たばこのパンチ感やたばこくささが欲しい方にはiQOSの方が良いかもしれませんが、仕組みや使い勝手、風味とかを考慮すると、日本人はPloomを気に入る人の方が多い気がします。

日本はいろんな商品が世界に先駆けて発売されていますよね。

他国と比べてVAPEユーザー数が少ないと聞く日本ですが、iQOSもPloomも投入されて、VAPEはその影響を受けて日本でも増えるんでしょうか、逆に伸びシロを切り取られるんでしょうか。

そのあたりも気になります。

 

 

最近ブログ村のランキングに参加しました。

よろしければポチっとお願いします。 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村