読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんログ

多趣味ですが、Apple、Amazon、VAPE、ユニクロ、登山ネタあたりを中心に、つらつらと。

【ゲーム話】FF7と聞くとスノボゲーしか思い出せない。

f:id:akuringo:20151220215016j:plain

画像引用元

「FFVII」のクラウドがスノボに挑戦!!「FINAL FANTASY VII Snowboarding」

 

最近ファイナルファンタジー7の話をちょこちょこと耳にします。

実は私、元祖?ファイナルファンタジー7を発売当日からプレイしていた大のFF好きです。

プレイしたシリーズは、FF3,5,6,7,8,10,13、タクティクスあたり。

ちなみに、FF3はファミリーコンピュータ時代のやつで全クリしました。

FF好きの中では伝説的な作品でもあるんで、これはまた別に記事にしたいものです。

 

勿論FF7も全クリまでプレイして、衝撃的なストーリーはとても驚きました。

が、私は全クリした後、いつものようにやり込んだり完スト目指したりするわけではなく、RPGやってんのにひたすらミニゲームのスノボをしまくるという謎の展開へと…。

アスキーのサイトのやつはスマホ版ミニゲーの画像で、元祖のものではないんですが、私はタイムアタック?の方ばかりやりこんでました。

というのが、このスノボゲー、とてもよくできてるんです。

 

やり込み要素として、まずタイムに応じて押されるスタンプみたいなのがめちゃめちゃ沢山あってユーモアが溢れてます。

「驚」「神」あたりまでくると「とうとう俺もここまで極めたか…」とか思っちゃうところなんですが、当時ゲーム雑誌に掲載されていた記録を抜くほどまでにやりこんでくると「変」というスタンプが現れたり、なかなか面白い。

また、これが案外とても良かったんですが、自分の前記録がゴーストとして現れるので、それを目標にしてやりこむことができます。

「ここのコーナーの走り方はゴースト(前記録)が理想的だな」とか「ここはもう少しタイム削れるはず」とか、前記録のゴーストに抜きつ抜かれつしながら試行錯誤したもんです。

もはや小中学生のレベルではないっていう。

あの頃ってデジカメも無かったしネットもまだまだ発展途上だったんで、記録に残ってるものがほとんど無くてちょっと残念。

さすがに今から元祖のFF7やると昔ながらのカクカク3Dにオエっとなりそうですが、本当に楽しませてもらいました。

ストーリーもスノボも。

 

ちなみにスノボはSSXというゲームも激しくハマったので、これもまた記事にしたいなあ。