読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんログ

多趣味ですが、Apple、Amazon、VAPE、ユニクロ、登山ネタあたりを中心に、つらつらと。

モバイルバッテリーは容量重視?携帯性重視?

スマートフォンを1日ハードに使う方、オンラインゲームを頻繁にする方には必要不可欠なモバイルバッテリー。

今ではスマホを使う多くの方が携帯しつつありますよね。

 

私も去年一昨年あたりはスマホPSvita両方でオンラインゲームに夢中だったので、モバイルバッテリーを常に持ち歩いてました。

 

私が最初にモバイルバッテリーを購入した時は結構高価な頃でした。

Panasoniceneloopモバイルバッテリーを多分5,000円以上かけて購入したと思います。

今ではAnkerやcheeroなどが安価で高性能なモバイルバッテリーを沢山販売しており、私もAnkerを購入してeneloopは家族に譲りました。

 

Amazon.co.jp限定】Anker Astro M3 13000mAh モバイルバッテリー 【ハイパワー5V/2A電源アダプタ付属】 iPhoneiPod/iPad/iPad Air/iPad mini等対応 大容量かつコンパクト 急速充電可能

 

今ではこの商品も旧型あたりのポジションかなと思います。

なぜcheeroではなくAnkerにしたのかというと、最初にAnkerを知ったというのが1番です。

「安いしコンパクトっぽいし評価高いし、これで間違いないでしょ。」

と特に不満に思う点もなかったので、結構すぐに決断。

それ以降はしばらくこの製品を愛用していたのですが、とある事をきっかけにこれを持ち歩くことが激減しました。

 

それは、電車通勤をするようになったこと。

余計な荷物を減らして、できるだけ荷物を軽くしようとしたことです。

 

車通勤をしていた頃は荷物の量もあまり気にしていなかったのですが、電車通勤で毎日1時間以上歩くようになると、荷物が重いとさすがにしんどいです。

小物を結構沢山入れてて案外重くなってたんで、バッグ内の荷物整理をしていた際に「モバイルバッテリーって案外重たいなあ」と気付きました。

その頃はちょうどオンラインゲームにも少し飽きつつある頃だったので、モバイルバッテリーは携帯しないってことを決断しました。

 

が、スマホの頃は大容量でよかったんですけど、iPhoneスマホほど大容量じゃないのであっという間に50%以下になる日もあって結構ドキドキします。

なのでコンパクトなモバイルバッテリーの必要性を感じ、今度はスマホ1回分程度しかないモバイルバッテリーを購入しました。

 

大容量、コンパクトそれぞれ良し悪しがあるなあ、と、この前結婚式二次会の幹事で景品を考えながらふと思ったので、自分自身への復習がてら比較記事を書いてみることにしました。

 

 

【大容量タイプ】

現在の新機種、人気機種は、おそらくこのあたりかと。

 

cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー

cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー
 

 

Amazon.co.jp 限定】Anker Astro E5 第2世代 16000mAh モバイルバッテリー & Anker 20W 2ポート USB急速充電器 充電セット iPhone / iPad / iPod / Xperia / Galaxy / Nexus 他対応 【PowerIQ搭載 x2】 A120802A

 

Anker Astro E7 超大容量 25600mAh モバイルバッテリー iPhone / iPad / iPod / Xperia / Galaxy / Nexus / 3DS / PS Vita / Wifiルーター / ウォークマン他対応 【PowerIQ搭載】 ホワイト A1210021

 

大容量タイプは、なんといっても電池切れの心配がないことでしょうね。

iPhoneスマートフォンを2〜4回、もしくはそれ以上充電できるタイプもあり、1泊旅行などもこれひとつで大丈夫なレベルです。

また、大容量タイプは高速充電に対応しているものが多く、Ankerは「PowerIQ」というそれぞれの機器に最適な電流を提供し、充電時間を短縮するという技術を搭載しています。(どこまで適切に判断できるのか少し疑問もありますが。)

iPhoneiPad、携帯ゲーム機、Wi-Fiルーター等の携帯電子機器を沢山持っている人はAnkerのAstroE7など持っていると同時に3つ充電もできて最強です。

私も一時期は山ほど電子機器を持ち歩いてたので、大容量バッテリーはとてもお世話になってました。

が、問題なのは大きさと重さですね。

cheero Power Plus3やAnker Astro E5あたりは大容量のわりにコンパクト化に努めていると思いますが、それでも個人的には気になる大きさ、重さです。

電車通勤してる人や小さなバッグで通勤している人にとっては荷物になるかもしれないですね。

(そういえばAnkeは新型MacBook対応大容量タイプは近々発表するんですかね?) 

 

 

【コンパクトタイプ】

現在の新機種、人気機種は、おそらくこのあたりかと。

 

cheero Power Plus DANBOARD version -plate- 4200mAh 超薄型 モバイルバッテリー

 

cheero Power Plus DANBOARD version -block- 3000mAh 超軽量 モバイルバッテリー

 

Anker Astro Mini 3200mAh 超小型・スティックタイプ モバイルバッテリー 5V/1A iPhone/iPad Air/iPad Mini Retina/iPad Mini/iPad/Android/等対応(日本語説明書付き)【PowerIQ搭載】 79AN7913S-PK2A

 

なんといってもコンパクトタイプは携帯性が良いです。

本当は上に紹介しているcheeroのダンボー君-plate-ver.を欲しかったものの価格の安さでAnker Astro Miniを購入したんですが、とっても小さくて持ち運びで邪魔をしません

3200mAhなのでiPhoneスマホ1〜2回分程度しかないので、日帰りで出かける時や毎日携帯するのには便利だと思います。

ただ、単純に容量あたりの値段で考えると割高に感じる人もいるかもしれません。

大容量=優秀というわけでは勿論ありませんが、容量が少なくなるからといって同じペースで値下がりするわけではありません

 

すいません、こちらは個人的な嗜好に影響されてダンボー君を2つも紹介していまいました。苦笑

 

【感想】

若干主観が入った比較記事とおすすめ商品なのであまり参考にならないかもしれないですが、簡単にいうと「一般的なスマホユーザーが人気やレビュー数にとらわれて大容量バッテリーを買うと、案外持ち歩かなくなって使わなくなっちゃうかもよ?」てことです。

ちなみに自分の知っている人でも結構そういう人います。

10000mAh以上のモバイルバッテリーを買って、だけど荷物になって持ち歩かなくなって、結局友達にモバイルバッテリー借りてる、みたいな感じですね。

一時期の私のようです。

おそらく大半の人は1回充電できれば十分な人が多いと思いますので、一般的なスマホユーザーの方は、そのあたりも考慮して選んでみてはいかがでしょうか。

私はiPhone使ってテザリングしてゲームしてって激しいユーザーですが、とりあえず1回分の充電でどうにかなっています。

 

以上、今日はちょっとダラダラになりましたが最後まで有難うございました。